相手の年齢を見破る方法

年齢というのは、特に女性の場合なかなか見破るのが難しいものです。その判断材料として使えるネタをここに記しておきたく思う。

1、肌の質感、綺麗さ

これは歳をとっても綺麗な人はきれいで、産まれもってのモノなのであまり使えないかもしれませんが、20代も後半になってくると10代の子とはやはりまるで違います。ですから童顔で若そうな人にはお肌に注目すれば見破ることができるでしょう。

2、白髪の多さ

これは早い人で20代後半以降に増えてくるものですので、これが多いとその人は少なくとも20代後半以上だな、ということが分かります。ただ、美容院で上手く染められると(カムフラージュ)太刀打ちできない。

3、髭の濃さ

男の場合、若くて髭が濃いと言っても、そこまで濃く太いわけじゃないでしょう(中にはいるが)。なので青髭というよりも黒い、黒くて太くて濃いならば少なくともその男性は成人男性だということが分かります。

4、シワの多さ、深さ

いくら若く見えてもこれがあれば20代後半以降になっています。軽い場合は20代後半、やや深いかなと目立つようなものがいくつかあれば30代になっているでしょう。分かりやすいのは、ほうれい線で、これが深くなっておればその人は可哀想に30代以上です。

5、シミ

これがあれば30代以上確定です(怪我とかでできたシミというかアザの場合を除く)。間違いありません。私も30代後半である時これを見つけて、驚きとショックでアソコが縮んでしまったものです。

6、年齢は手や首に出るもの

いくら顔が綺麗で若々しくても手や首のシワなどは隠せません。

7、ニキビのできる位置で見分ける

ニキビというのは年齢によってできる場所が異なります(テレビでやっていた)。

10代はおでこにできやすい。20代は鼻の頭など、30代ともなると口元などで、それ以降は喉なんかにも出来ちゃいます。つまり年齢とともに下へさがっていくわけですね。これはなかなか分かりやすくてやや残酷な基準ですね。

コメント

また何か発見したら追記しまぁす。