ありがとう文春こと週刊文春を雑誌発売前にスマホから無料で読む方法

ベッキーの不倫、清原の薬、スマップの解散などの芸能ゴシップ情報をいち早くスクープ、今年は何かと話題で大活躍の週刊文春ですが、こいつを雑誌ではなく、スマホやタブレットなんかですぐに読みたい、なんて思ったことはないでしょうか。

実は、週刊文春には”週刊文春デジタル”と言う電子版もあるのです。ですからこいつに会員登録すれば、リアルでいちいち雑誌を買わなくてもいち早く情報を得ることができます(配信は、発売日の午前5時。過去の記事や動画も5週分まで遡って見ることができる)。

ただし、こいつは月額有料会員制ですので会員登録すると月会費として864円を支払わなくてはなりません。

それを回避するために活躍してくれるのが、やはりポイントサイトです。ポイントサイトには膨大な数の広告サービスが掲載されており、”週刊文春デジタル”もその案件の一つとして掲載されているのです。

arigatoubunshun
画像は、お財布.com

こうしたサービスにポイントサイトを経由して登録すると、そのポイントサイトからポイントが付与されます。そうして貯めたポイントを現金や電子マネーと交換するのがポイントサイトというサービスですが、”週刊文春デジタル”など一部のサービスは、その還元率が高く、月会費以上のポイントが返ってくるため、最初の月は実質無料以上で読めちゃうのであります。もし気に食わなければ月末までに購読停止すれば、次の月は料金がかかりません。

ただし、”週刊文春デジタル”はキャリア公式サイトですので、クレジットカード決済などではなく、各携帯会社を通じた決済、すなわち毎月のスマホ料金とまとめて一緒にお支払するキャリア決済(ドコモケータイ払い、auかんたん決済、ソフトバンクまとめて支払)にしか対応していません。また、”週刊文春デジタル”は、”ニコニコ動画”内のコンテンツであるため、事前にニコニコ会員に登録しておく必要があります。

と言っても手続きはいたって簡単ですし、退会などもたとえばsoftbankでしたらMysoftbankから退会の手続きを行うのである意味、安心して利用できますね。

ちなみに”ニコニコ動画”もキャリア公式サイトでして、こちらのプレミアム会員登録(500円コース)もポイントサイトを通すと、週刊文春同様、月会費以上のポイントが付与されるのでもしプレミアム会員になってみたい人は、この機会に試してみるのも手でしょう。
nikonikop
画像はモッピー

この手の案件は一人一回限りですが、ニコニコのプレミアム会員はポイントサイトによってはリピート可能で、一度登録したことがある人でも退会後一月あければ、何度でも繰り返しポイントが付与されるお得でおすすめの案件になっています。

また、これらはスマートフォン専用の案件ですのでスマホ案件に強い、ポイントサイトを選ぶ必要が出てきます。ネットでもよく紹介される、一流ポイントサイト、げん玉なんかは、掲載されている、広告案件数が豊富な上にそのサービス、すなわち広告利用時に還元されるポイントも全体的に高いため(実際、上の2つの案件は両方ともげん玉が少しだけ高かった)普通にここを中心に利用するのが無難にして最良かもしれませんが他にこの分野で個人的におすすめするサイトを挙げるとすれば、ポイントインカムと、株式会社セレスが手がける3サイト(モッピーお財布.comモバトク)になってくるでしょう。

前者のインカムは、案件数は若干、落ちるもののスマホからの交換先が豊富でその還元率も高い傾向にあるためです。後者、セレスの3つは広告案件数やそれを利用することで付与(還元)されるポイントは若干、異なりますが(広告数はモッピーが最も多いが、還元ポイントは他の方がやや高いこともある)、見た目や性能、ゲームなどのコンテンツや使い方がどれも良く似ていてシンプルで初心者にも扱いやすく、一つのサイトに慣れれば他のにも応用が効くためです。

いくつかのサイトに登録しても案件を利用するサイトは手を広げず、サービスの良い数サイトに集中させるのが効率の面でも良いでしょう。分散すると、最低換金額(だいたい300円や500円でここまでポイントを貯めて初めて現金と交換できる。電子マネーは100円程度だったりするが)に届かないサイトも出てくるからです。

コメント

今回も結局また、ポイントサイト関連のネタを投稿してしまった。労働中に思い付くのはポイントサイトかエッチなことのどちらかと相場が決まっています。ただ、今回は話題のセンテンススプリングさんに絡めた、お得な情報が書けたのではないかと自負しております。今後はポイントサイトの活用方法だけでなく、他の方法も取り上げて行きたく思っているのでこれからもよろしくお願いします。