なぜ再び仮想通貨ビットコインが上がってきているのか

長らく低迷していた、仮想通貨が息を吹き返しつつあります。

2017年は一時期、200万円を突破した、ビットコインですが、2018年は、大幅に下落、2019年に入っても30万台、40万台とかなり低空飛行をし続けていたのですが、

ここにきて、50万台をキープ、60、70万円台も見えて来ました。

もう仮想通貨は終わりだの、チューリップバブルだの言われていましたがどうやらまだ終わってはいないどころか、始まってもいないのかもしれません。

キャッシュレス時代に突入しつつある証

LINE PayやPayPayなどのスマホ決済アプリの元気が良いように、世の中は明らかにキャッシュレス化が進行しつつあります。

仮想通貨ビットコインやアルトコインが上がってきているのは、それを感じ取っているからに違いありません。仮想通貨こそ、キャッシュレスの最たるものですからね。

この流れはもはや止めようがありません。本格的にキャッシュレス化が進み、世の中に浸透すれば、より大きく噴くことでしょう。

どんな状況であれ、チャンスは転がっている

仮想通貨で大損こいた私が言うのもなんですが、去年のような大暴落続きの時でさえ、よく見ているとチャンスは何度も訪れていました。

たとえば、去年の初めの方に何度か起こった大暴落のあとに、イーサリアムやイーサクラシック、ビットコインキャッシュなどを購入しておれば、3倍程度の利益が出た時期があります。

確かに一昨年のようなヌルゲーではなく、難易度は非常に高くはなりましたがここらで買えば美味しいんじゃないかと競馬で穴馬を見つけた時のように感じることが何度かあったのです。

また、去年末にライトコインは、2,000円台後半にまで落ちたのですが今年に入って盛り返し、一時、10,000円を突破。つまり、去年末に購入しておれば、3倍以上の利益が出たわけです。今年の初めでも全然間に合ったと思います。

私は去年、大赤字を抱えたまま、殆んど全ての通貨を泣く泣く処分した(損切した)のですが、今年の初めに一応、お小遣い程度ではあるものの少しだけ購入しています(懲りねぇやつだ)。

いつか大きく上がった時に買っておけばよかった、という気持ちにはなりたくないからでもあります。つまりそのように多くの人が思う時が来ると私は予想しているわけです。

なぜならリアルで真面目にあくせく働いている人が必ずしも報われないように(「はたらけどはたらけど猶わが生活楽にならざりぢっと手を見る」石川啄木『一握の砂』)「真実は残酷なもので、いつも理不尽の方角を向いている」というのが私の持論だからです。

理不尽だからこそそれはリアルであり、正しいのです。多くの人は仮想通貨に懐疑的で未だにやっている人をどこかで小馬鹿にしており、もうあの時のように上がるわけないと思っているからこそ上がるのです。上がってしまうのです。そうしてあとで買っておけば良かった、と後悔する時が来るはずです。

ちなみに私が現在、所持しているのは、リスク(LISK)・ネム(NEM)・モナコイン(MONA)という、曰くつきの3通貨です。

モナコインは、コインチェックの例の事件—ネム(NEM)ハッキング事件—のあと少しして今度は、めごっちこと剛力彩芽がCMに出演していた、Zaifという別の取引所がやらかしまして(ハッキングされた)運営のテックビューロは解散、フィスコという別の取引所に事業譲渡されたのですが、未だに引き出すことが出来ないため、強制的に所持する形ですが……(⇒2019年4月23日取引再開)。

またあの時のような、どんどん価格が下がって売るに売れない状況にだけはなりたくないですが、万が一またそうなっても今回は本当にお小遣い程度ですから失っても大したことはありません。

やはり、余剰資金でやるべきですね、こういうのは。正直、仮想通貨はFXなどの投資とは違う、と思い込んでいた節があります。これは投資なんだとどこかで思っていれば、いつか売る必要がありますからね。まぁ、今回はおそらく底値に近いところで掴んだのでそう簡単には売りませんけどね。

ネットでもキャッシュレスマネーを稼ぐ時代

「仮想通貨」の価格が下火になった頃、instagram(「インスタ」)を中心に「ポイ活」ブームが若奥様の間で巻き起こりました。

「ポイ活」というのは、私がひきこもり時代から15年以上、利用し続けている「ポイントサイト」を使って、お得にポイントを貯める活動のことです。

「仮想通貨」の次は「ポイ活」なんじゃないか、なんてことをふと思ったものですが、これはあながち間違いではないのかもしれません。

LINE PayやPayPayなどのスマホ決済アプリが続々と登場したおかげで、キャッシュレス化が少しずつ世の中に浸透しつつあるからです。

ポイントサイトで貯めたポイントを現金と交換したり、LINEポイントと交換したりすることで、これらのアプリにキャッシュレスでお金を移動できるため、ポイントサイト需要も加速します。ここに来て、ポイントサイトが再び、注目を浴びているのです。

LINEポイントをもっとたくさん増やしたい、そうして現金を全く使わず、ポイントだけで暮らしていけたらなぁ、そんな風に夢見ている人もいるかと思います。普段から現金を使わず、LINE PayやPay Payなどのスマホのお財布(決済アプリ)を利

私は、ポイントサイトの可能性に早くから目を付けてきました。これを活用することで大きく稼げるんじゃないかと。実際、ネットでかなりの額を稼いでいる人を目にしたものです。

私もあるひとつのサイトで100万円近いお金を稼いだことはあります。これは偶々、見つけた、あるお宝検索キーワードで上位表示されたため、多くの人に登録してもらえたからです。このワードは、登録だけでなくちゃんと利用もされやすいワードだったようで、登録後も多くの人が利用してくれ、お友達の還元報酬をたくさんもらえたのです。

この時の金を競馬に使うのではなく仮想通貨に使い、一昨年の末に売り抜けていればと未だに思うものです。思い切ってドーンと行くつもりが、中途半端な額で購入してしまいましたからね。。

「ポイ活」は、クレジットカードとの相性も良いです。LINE Payはあれですが、PayPayやKyashは、クレジットカードからもチャージできますからね。そうしてこのクレジットカードは、ポイントサイトから発行するのがお得なのです。一発で数千円から1万円以上のポイントが手に入るからです。

実際、私はスマホ決済アプリを使用する前のかなりポイントがもらえるお得な時にポイントサイトのげん玉からYJカードこと、Yahoo!Japanカード発行しています。このカードは、PayPayで優遇されているのでPayPayを利用している人にとっては必須のカードでもあります。

期間固定Tポイントは、ソフトバンクユーザーの長期継続特典や、Yahoo!Japanカード(ワイジェイカード)を発行した際、Yahoo!ショッピングのくじ引きなど、いろんな場面でもらえる、使用期間の限られているポイントのことです。楽天のスーパ

つまりスマホ決済アプリの需要が伸びると、クレジットカードの需要が伸び、それはまたポイントサイトの需要の伸びにも繋がるわけです。こうして全てが連動しているんですね。好循環の連鎖です。こうした繋がりこそが大事だと私は思っています。フリマアプリのメルカリのメルペイも商品を売って得た売上金でお買物ができるという連動性の高さが強みです。

「ポイ活」はまた、仮想通貨との相性も良いのです。ポイントサイトは、交換先の自由度が高く、現金だけでなく電子マネー他、様々なものと交換できますし、多くのサイトでビットコインとも交換できたりしますからね。

チャーミングな栗鼠のマスコットキャラで人気のモッピーは、2015年には、ビットコインと交換できたのでこれで仮想通貨の存在を知って購入した人もいるでしょう。中には今頃、大金持ちになっている人もいるかもしれません。ポイントサイトは、新しいサービスをいち早く知るのにも役立つのです。

要するにポイントサイトで稼げるネタが増えているのです。それだけライバルも増えますが、もともと紹介する自由度が高いため(いろんな角度から攻められる)、やり方次第で大きく化けるのは事実です。

実際、「インスタ」で月に100人以上のお友達を作り、月10万円以上、稼いでいる奥さんもチラホラ、見かけますからね。

仮想通貨もビットコインの他に、イーサリアム・ネム・リスク・モナコイン・ライトコイン・リップルなどなど数多くの通貨が存在し、それぞれ異なる特徴があるように、クレジットカードも楽天カード・Yahoo!Japanカード・エポスカード・ソラチカカードなどなど数多くのカードが存在します。

スマホ決済アプリも、LINE Pay・PayPay・楽天Pay・Origami Pay・メルペイなど、続々と増えています。

そうしてポイントサイトにも、ハピタス・モッピー・げん玉・ポイントインカム・ライフメディア・ワラウ・ちょびリッチなどと多くのサイトが存在するのです。これらの中から自分に合ったもの、好きなものを選んで紹介する形です(もちろん、全部、紹介してもいいけど)。

紹介するには、実際に利用しないと分からない部分がありますし、勉強も必要になりますが、「ポイ活」を極めることで私たちは、リアルで現金を使わずにお買物やらが出来るようになるのです。こうしてどんな状況であれ、チャンスは訪れるわけですね。

こうしたチャンスが生み出される事の発端は、最近では常にネットだと相場が決まっています。仮想通貨にしてもそうでした。ネットでそうした記事を見かける機会が日に日に増えて行きました。

今は、ポイ活やスマホ決済アプリに関する記事が増えています。そういうことでしょう。単純にお得で面白いというのもありますが、同時に稼げるネタも転がっているんでしょう。そもそも何らかの新しいサービスが始まる時は稼ぐチャンスですからね(既に少し出遅れた感もあるが)。

私たちはもう、リアルだけで頑張ってリアルマネーをしこしこ稼いでいる場合ではありません。ネットでいち早く良い情報を入手してそれを活かす必要があるのです。

逆に言えば、コミュ障でリアルが苦手な人、レールを外れた人でもネットで起死回生できるということです。ある意味、チャンスですよ、これは。