本当に気の弱い人がリアルでなんとか生きていく方法

本当に気の弱いタイプとは?

すぐにアソコ(ちんぽこ)が縮んだり、すぐに汗が出てきたり、びびって声が出なくなったり、ちょっとしたことで食べ物がのどを通らなかったり、怒っても興奮して声が出ず何を言っているのか分からない(そもそも声が小さくよく二度聞きされる)などの特徴を持つ人のこと。

ありのままの自分を受け入れる

本当に気の弱い人はそういう自分を受け入れる。気の弱いくせに気の強そうなふりをしてもバレる。偉そうにしてもちょっとしたことで、びくついたり、びびったりするのはダサい。どうしようもなくダサい。なので気の弱い自分を受け入れ、謙虚に生きるしかない。自分を大きく見せようと背伸びをするなど、無理をしてはいけないのだ。無理をすると余計に上手くいかなくなる。無理にもしていいそれとそうではないそれがある。本当に気の弱いタイプは無理が似合わないのである。

真面目なタイプは、職場であれ、いいやだからこそ相手のことをなめてるくらいがちょうどいい。ちょっとしたことで傷つかない方法

相手を人間的にレベルがかなり下だと舐めてかかる。低レベルな人間だと相手にしない。そうすることで何かキツいことを言われてもそこまで気にはならなくなるはずだ。これはアンシャン・レジームなど身分制度があった時代に、女王は身分の低い者の視線など全く気にせず、目の前で着替えていたのと同じようなことである(身分が低くて得することもあるってわけだ)。また、どんな発言でもマイナスの方向に受け止めないことだ。勘違いでもポジティブなものとして受け入れるというか受け流すくらいがいい。

ネットで稼ぐ力を身に付けておく

気が弱く、真面目で大人しいタイプの人間は、リアルではどうしても不利になることが多い。けれどもこの手のタイプは、ネットとの方が親和性が高いため(リアルでは、じっくりマイペースでできるような仕事の方が向いているだろう)、無職やニート、ひきこもりが今の内にやっておくべきことで述べているように、ポイントサイトやアフィリエイト、Google Adsenseなどネットで稼ぐためのツールを駆使して、それで稼げるようになっておく。そうすることで自信と余裕が産まれ、リアルでも少しはマシに対応できるようになるだろう。


ちなみに本当に気の弱い人とは、ここだけの話、私のことでもある。