Amazonでよくお買い物をする人は、Kyash(キャッシュ)のVisaプリペイドカードを利用しないと損をする。

ネットでのお買い物はもっぱらAmazon一択だよ、と言う人も多いと思います。

私はポイントサイトを愛用し、楽天カードとYahoo!Japanカードの両方を所持しているくせに(これらもポイントサイト経由で発行した)、メインはAmazonというか、ほとんどAmazonしか利用していません。

ポイントサイトを経由すれば、楽天やYahoo!ショッピングなどで購入金額の1%や2%程度なら還元してくれますが、Amazonで還元してくれるポイントサイトは現在、LINEポイントだけです。

LINEポイントをもっとたくさん増やしたい、そうして現金を全く使わず、ポイントだけで暮らしていけたらなぁ、そんな風に夢見ている人もいるかと思います。普段から現金を使わず、LINE PayやPay Payなどのスマホのお財布(決済アプリ)を利

ただし、これも0.5%還元にすぎません。以前は、ハピタスで1%還元してくれたのですが今はやっていないのです。楽天やYahoo!のようにせめて1%以上還元してくれないとあまり意味がない気がしてきますよね?

そこで利用したいのがポイントサイトではなく、Kyash(キャッシュ)という、スマホアプリで誰でも簡単に発行できる、プリペイド式のVisaカードになります。

Kyash(キャッシュ)とは?

Kyashは、LINE PayやPayPayのようにコンビニなどのリアル店舗でお支払いできたり、友達と簡単に割り勘できたりするなど、スマホのウォレット(送金・決済)アプリの側面もありますが、

Kyash最大の特長は、リアルカードとバーチャルカードの2種類のプリペイドカードを発行できる点にあります。

LINE Payと似たような仕様ですが、Kyashは、VISA、LINE PayはJCBブランドになります。

バーチャルカードは、スマホアプリ内に表示される、インターネット専用のカードです。Amazonなどのショッピングサイトで、クレジットカードのようにカード番号・カード名義人・有効期限・セキュリティコードをそれぞれ入力して登録することで、お買物などに使えます。

リアルカードはその名の通り、アプリから申込むことでリアルで手元に届く、現物(プラスチック製)のカードです。ネットはもちろん、リアル店舗でもクレジットカードと同じ要領でそのまま提示することで決済ができます。

プリペイド形式のカードというのは、事前に使用したい分だけお金をチャージすることで、その残高の範囲内でお買物を楽しむことが出来る、お手軽なカードです。

クレジットカードと違い、本人確認手続きや審査は一切なく、未成年でも親の同意があれば発行できますし、年会費や維持費も一切かかりません。

バーチャルカードなら、アプリをダウンロードして上の画像の「発行はこちら」をタップすれば、瞬時に発行・利用できちゃいますよ(リアルカードは手元に届くまでに結構、時間がかかる)。
アプリ内に自分だけのカードが出現!なんだか近未来的でかっちょいいですよね。

プリペイドカードという名前ではありますが、チャージしたあとの使い方は、クレジットカードと同じですし、それでいて発行は簡単で、クレジットカードのようにジャブジャブ使いすぎなくて済むのが、この手のカードの良いところですね。

クレジットカードを越える、キャッシュバック率2%

Kyash最大の魅力は、Kyashで決済すると、支払額の2%が後日(翌月末までに)Kyash残高にキャッシュバックされる点です。

還元率2%というのは、どのクレジットカードよりも高いのです(最高でもREX CARDの1.25%)。

クレジットカードの併用で、キャッシュバック率、計3%越え

更にこれにたとえば、1%還元のクレジットカードを紐づけることで、あわせて計3%の還元率になります。ポイントサイトを経由すれば、更に数%上乗せされます。

Visa加盟店舗であれば、キャッシュバックの対象となっていますので、楽天やYahoo!、そして我らがAmazonでも還元してくれますよ。

キャッシュバック対象となる利用加盟店の例

  • 楽天Pay
  • PayPal
  • Amazon
  • Amazonギフト券
  • モスカード
  • スターバックス カード
  • ドトールバリューカード
  • Yahoo!ウォレット
  • Origami Pay
  • PayPay

参考キャッシュバックについて- Kyash FAQ

楽天Pay・PayPay・Origami Payといった、スマホ決済アプリも対象になっているように、これらの支払いにKyashを設定しておくことで、更に数%還元されちゃいます。

たとえば、1%還元のクレカを登録したKyashを、2%割引のOrigami Payに登録し、それでローソンなどで決済すると、計約5%還元されちゃいます。PayPayはソフトバンクとヤフーが株主なだけにYahoo!Japanカードが優遇されるのであれですけどね。

ただし、Visa加盟店舗であっても、一部利用できないお店もあります。

利用できない実店舗の例

  • 毎月の継続的なお支払いや、自動更新手続き(契約)が発生する加盟店
  • 一部の月額・継続契約の利用料金のお支払い
  • ガソリンスタンドでのお支払い
  • 高速道路通行料金でのお支払い
  • 航空会社、航空券予約、購入
  • ホテル(ホテル内の店舗)でのお支払い
  • レンタカーのご利用料金のお支払い
  • 各種プリペイド・電子マネーの購入・チャージ代金のお支払い
    nanacoクレジットチャージ/楽天Edy/Vプリカ などへのチャージ
  • 公共料金/電話料金/衛星放送・CATV視聴料/インターネットプロバイダー利用料/WiMAXサービス利用/新聞購読料(電子版含む)/保険料/レンタルサーバ/ウオーターサーバ定額サービス/通信教育/各種月会費など

参考利用可能なお店(実店舗)*ただし下記お支払いにはご利用いただけません*

このように一部使えないお店があるのが、クレジットカードとの違いでもあります。そもそもこのカードには、1日3万円(リアルカードは5万)、月12万円までの利用上限がありますからね。これは使いすぎ防止に役立ってくれるのでいい面とも言えますが。

Kyashのチャージ方法

Kyashにチャージするには、LINE PayやPayPayのように事前に入金して使う方法と、クレジットカードを登録して自動的にチャージする方法のこれまた2種類があります。

事前チャージ(コンビニやネット銀行)

事前チャージは、LINE Pay同様、セブン銀行ATM・コンビニ・ネット銀行(ペイジー)からリアルタイムでチャージする方法です。

自動チャージ(クレジットカード)

自動チャージに登録できるカードは、VISAとMASTERブランド限定で、最大5枚までとなっています。JCBカード以外ってことですね。ちなみにデビットカードも登録できます。

上に述べたようにここで、Yahoo!Japanカードや楽天カードなど、購入金額100円に付き1ポイントバック、すなわち1%還元のクレジットカードと連携すれば、Kyashの2%+クレカの1%で計3%還元、更にポイントサイトを経由することで数%還元されます。

ポイントの二重取りどころではありません。今や、三重、四重取り時代に突入しているのです。

ちなみにLINE PayやPayPayなどのスマホ決済アプリにもクレジットカードを登録することはできますが、残高が不足すると自動でチャージしてくれる機能はありません

LINE Payは、銀行口座なら自動チャージの設定をすることはできますが(設定した金額を下回った場合、登録済みの銀行口座からオートチャージ)、クレジットカードには現在この機能はおろか、チャージすることさえできません。あくまで登録できるだけです。

PayPayは、クレジットカードから直接チャージすることはできますが、それができるのは、Yahoo!Japanカードのみです。また、残高不足の場合も自動的にチャージしてくれるのではなく、クレジットカードから直接支払う形になります。この場合ですとポイントが還元されるのは、クレジットカードのみになります。また、現在は銀行口座でも自動チャージはできません。

要するにKyashの残高が足りなくなった時に、登録しているクレジットカードから不足分をKyashの残高として自動的にチャージしてくれる上に、クレジットカードとKyashの両方にポイントが付くという、この大変便利でお得な機能があるのは、Kyashだけというわけです。

リアル店舗での決済の仕方

コンビニなどのリアル店舗では、リアルカードを提示して決済する方法と、QUICPayで決済する方法のこれまた2種類あります。

LINE PayやPayPayの場合、ファミマやローソンなど、これらアプリのQRコード/バーコードに対応しているコンビニで、これらのコードを読み取ってもらうだけで決済できますが、

Kyashの場合、アプリ自体にQRコードやバーコードがないため、コンビニなどのリアル店舗では、コード決済ができません。これがLINE PayやPayPayとの大きな違いかと。

このため、Kyashで支払うには、リアルカードを提示するか、KyashのカードをGoogle Payに登録して(「お支払い方法の追加」⇒「クレジット/デビット/プリペイド」)、QUICPayのメインカードに設定する必要があります。

これはLINE Payでも同じことです。セブンイレブンなど、LINE Payのコード決済に対応していない店舗では、LINEのリアルカードを提示するか、LINEのカードをGoogle PayでQUICPayのメインカードに設定することで、QUICPayとして簡単に決済できるようになるのです。

スマホ決済アプリは、PayPayかLINE Payの二択だよ、という人も多いのではないでしょうか。この2つは、コンビニではファミマ・ローソン・ミニストップ等がQRコード/バーコード決済に対応しているため、使い勝手が良く、しょっちゅう還元キャ

ただし、Google Payを使う時点でお分かりのようにこの方法はAndroid端末の人しかできません(Apple Payには未対応)。iPhoneの人は、リアル店舗ではQUICPayを使えないので、リアルカードを発行する必要があります。

Kyashのリアルカードを発行するとポイントがもらえるポイントサイト

この手のスマホ決済アプリの登場で、ポイントサイト業界はより活気が出ています。どう考えてもこれらはポイントサイトとの相性が良いですからね。

すぐたま(ネットマイル)もこのビッグウェーブに乗ろうという魂胆でしょうか、
Kyashのリアルカードを申込むことで400mile(200円分)プレゼントされるキャンペーンが開催中です。

iPhoneの人がリアル店舗で決済するには、このリアルカードが必須ですし、リアルカードを発行することで、1日(1回)の支払い上限が3万円から5万円までに増えるなどの恩恵もありますよ(一カ月の決済上限額である12万円の部分は変わらない)。

すぐたま 期間限定 ここから登録で600mile(300円相当)GET!

Kyashに交換(チャージ)できるポイントサイト

銀行口座やクレジットカードからもチャージできますが、LINEポイント同様、交換先にKyashを追加している、ポイントサイトが増えています。ポイントサイトからも直接チャージできたら何かと便利ですし、「ポイ活」のやる気も出るってもんですよ。

あわせて、ライフメディアでは、Kyashに交換(チャージ)するたびに2%分のポイントバックキャンペーンが、

ワラウでは、初回交換で5%増量キャンペーンが開催中です。

ライフメディアとワラウは「ポイ活」ブームに乗って、最近ずいぶん勢いがあるサイトです。前者が「ノジ活(ノジマスーパーポイントと交換すると、ノジマ電気で家電製品が実質33%オフ)」、後者が「ウェル活(毎月20日にウェルシア薬局でTポイントでお買物すると、実質33%オフ)」を武器に大活躍してくれます。

ノジマのリアル店舗やノジマオンラインでニンテンドースイッチやミニスーパーファミコンなどを狙っていて、できれば格安で購入したいと企んでいる人もいるかと思います(入手困難なのでとりあえず手に入ればいいと思っている人も多いだろうが)。そこで今回は