使い捨ての100円ライターはもういらない、これからはUSB充電できる、電子ライターの時代

未だに使い捨ての100円ライターを、ガスがなくなるたんびにいちいちコンビニで買っている人も多いのではないでしょうか。

でもそれって非常に効率が悪いですよねぇ。お金も無駄にかかる。処分にも困るし、環境にも悪い。そもそも今は子供の安全対策のために強くボタンを押したり、強く押さえつけながらフリントホイールを回さないと簡単には着火しないようになっているので、指まで痛くなってくる始末。いいことなんかありません。

そこで私がおすすめするのが、USB充電できる電子ライターです。

これは今までのようにガスやオイルを使用するのではなく、アークプラズマライターや電子ターボライターとも呼ばれるように、なんと放電することで着火する方式なのです。電子なので風に強く、100円ライターのように風で火が吹き消される恐れはありません。風の強い日に花火や線香に火を付けるのは手間取るもの。そんな時にも大活躍してくれます。

また、パソコンのUSBポートやスマホの充電機器などにつないで充電することで、何度も繰り返し使用できるので(モバイルバッテリーを持っておけば、外で電池が切れても大丈夫)、100円ライターをいくつか買ったり、ZIPPO(ジッポー)のようにいちいちオイルを入れる必要はありません。おかげでお財布にも環境にも優しいときたもんだ。

え?ジッポーのように恰好良い見た目のがいいって?大丈夫、見た目も最高にクールなのです。ご覧ください、まるでUSBフラッシュメモリのような見た目ではないですか。サイズもコンパクトで最&高でしょ?

しかもこちらの商品はタッチセンサーが搭載されているため(蓋を開けた状態でそっと触れるだけで放電。もう一度タッチで消える)、100円ライターのように何度こすってもうまく火が付いてくれないだとか、そのせいで無駄に指が痛くなる、なんてことはありえません。

今は以下の商品のように、現代版「チャッカマン」と言えるような、斬新で非常にクールな形をしたアイテムもあるので、タバコを吸わない人でも一つくらいは持っておくと便利ですよ(バーベキューなどいろんな場面で活躍してくれるし、持っているだけで注目を浴びることができるだろう)。

コメット君のコメント。

こういうのを持っていると、「ちょッ、何それ何それ」と女の子に言い寄られること間違いなしです。喫煙スポットでも、「すみませぇん、ちょっと火、貸してもらえますか?」と声をかけられることがあると思いますが、その時も驚かれたりします。この手の新アイテムは、ちょっとした会話のきっかけにもなりますし、何より、持っているだけでテンションが上がること請け合いです。ただ、いっそう禁煙から遠ざかってしまうきらいがありますけどね……。