ペニスに触ることなく何度も射精し続ける方法~男も女のようにイキ続けることができる~

射精時の快感を連続して何度でも味わいたい続けられたなら……、そう思ったことはないでしょうか。

女性の場合は快感が続きやすく何度でもイキ続けられる体質の人もいるようですが、男性は一瞬で終わってしまいます。それまでいくら興奮状態にあってもあっという間に萎えてしまう。これでは確かに物足りません。

そこでどうするのかと言いますと、それはアナル、すなわち女性のようにアナを、男性には膣がないため、代わりに肛門を利用するのですね。通常のオナニーではなく、アナニーことアナルオナニーで連続イキを味わうのです。

ゲイでもないノーマルな男性が自身のケツのアナを利用することには、少し抵抗を覚えるかもしれません。しかし処女と同じで不安なのは最初だけ、開発を進めることでその快感はどんどん大きくなっていきます。

普段からうんこを我慢して出し入れする癖のある人はいませんか?そういう人は向いているかもしれません。あれを出し入れする時って何やら快感を感じますよね?その快感を深めていくのです(ちなみに私は小学生の頃、友達にこの気持ち良さを力説したことがある)。

アナに入れるモノはネットでもエネマグラ(Amazon)といった、それ専用のブツが売っていますが、そんなモノが家族にでもバレてはコトですので、まずは身近なもので代用するのが無難です。100均でもマッサージ器具など良さげなモノが置いてありますが個人的におすすめするのは、家でタマタマ見つけた、木工用ボンズですね。

特大のではなく、小さめの奴さんです。挿入部分のキャップが少し短く、やや角ばってはいますが、プラスチック製で固すぎず柔らかすぎず、サイズ的にも太すぎず細すぎずちょうど良く(アナル初心者にはちょっと太いかもしれないが)、中身(ボンド)の入っている本体部分が非常にソフトで、こいつがクッションになって非常に良い感じにアナニーに耽れるのです(最近はどうもイマイチになってしまった、これはこの道具のせいというよりもただ単に強く興奮させてくれるオナネタがないためだろう)。

肛門に挿入するキャップの部分には、ハンドクリームやローション、ジェルなどヌルヌルしたものを塗っておきます(おすすめはオロナイン)。

女が入れられる前に濡れるのと同じことで、何も付けないと入れ辛く痛いですし、滑りを良くしておいた方が快感が増すからです。また、出し入れするたびにヌプヌプ、ヌチャヌチャといやらしい音がなるため自分が 変態 女にでもなったかのようで興奮度も増すからです(夜な夜な、隣の家や部屋から何やら妙な音が聞こえてくるのは、もしかするとこうしたことに耽っているからかもしれませんね)。

体勢は正座だと抜けやすいので片膝を立てながら出し入れすると良いでしょう(今は仰向けに寝て、モノを使わずに指でズポズポやっているが)。下痢気味など体調不良の時にはやらず、それなりに固い便の時に便をスッキリ出し切ってからやると良いでしょう。出しておかないと便がキャップに付いて嫌な気分になりますからね。

通常のオナニー同様、エッチなことを想像したり、その手の映像や画像を見ながらやるのですが(だからそういう気分が最高潮になっている時にやるのが一番感度も高く、成功しやすい)、その際いつものようにペニスではなく、アナルに意識を集中し、アナルで感じ続けることを意識してください。

そうしてブツの出し入れを繰り返していると、それだけでも射精時に感じるそれに近いものを感じてくるはずです(やはり入れるよりも入れられる側の方が快感も大きいと言うことが分かる)。その快感を楽しんでいるといつの間にかペニスからは透明の例の液体――カウパー粘液――が、肛門からは腸液が垂れてくることでしょう(後者は垂れるほどではないかもしれないが)。

ここまで来ると、息子さんもMAXハートのギンギンにいきり立って、イキそうになってきます。しかし、その状態になっても通常のように息子さんをしごいて逝こうとはしないことです(この状態だとペニスに触れるだけでイッチャウよ)。

女が男のペニスの抜き差しで気持ち良くなっちゃうようにブツの肛門への挿入、その出し入れによる快感で自然とイッチャウ感覚を掴んでください。無理にまた、通常のようにペニスを刺激することで逝こうとせず、肛門でイクような感じを掴むのです。

これが達成できると、あなたは連続イキを体感していることでしょう。

快感が高まり、イク状態になるとブツの出し入れをしている最中、ペニスを触ってもいないのに自然と精液がダラダラと垂れ続けるのです。出し入れに呼応して射精し続けるような感覚で、精液が絞り出されていくような得も言われぬ快感が続くのです。気持ち良すぎて顔は腑抜けのようになるでしょう。

これが連続イキですね。これだけでも非常に気持ちが良いものですが、ダラダラと精液を垂らしながらこの快感に耽っていると、最後にもっと大きな刺激を味わうこともできますよ。

注意点は、アナルに挿入するブツは毎回丁寧に洗い、清潔に保つこと(コンドームを被せてやるのが本当は一番安全だが)、あまりに大きすぎるものを入れたりはしないことです(これにハマるとどんどん大きなモノにチャレンジしたくなるがやりすぎると肛門が緩くなる)。肛門を傷つけ、そこに黴菌が入ってはコトですし、抜けなくなったら大恥をかくことにもなりますからね(中国かどこかの人がアナルにウナギを挿入し、抜けなくなって病院に運ばれた、なんてニュース記事を読んだことがある)。


私個人としては深夜おそくにコレに耽ってしまったせいで失敗したり、チャンスを逃した経験があるので本当はあまりおすすめしません(人は弱い生き物である。こういう強い快楽を覚えてしまうと、不安な時やストレスが溜まってどうしようもない時にこの一時的に手に入る快楽にある意味、逃げてしまい、本当は手に入るはずだった、長期的に続く幸福をも逃してしまうものなのだ)。

今回の記事は本当に学校では教えてくれないここだけの話ですね、と思った人は、いいね!を押してくださいね!